令和アウトローレーベル サイトロゴ

イントロダクション

令和アウトローレーベル サイトロゴ

大阪を舞台に貸金業者、いわゆる「街金」の実態を描いた漫画『ナニワ金融道』。 1990年の連載開始以来、金融のダークサイドを描くマンガの最高傑作として君臨し続ける 不朽の名作が、リアリティを追求した全員関西出身の「ナニワ人」キャストを迎え、 原作の良さをそのままに、新たな制作陣と豪華キャストで再びスクリーンに帰ってくる!

奨学金の返還滞納のために信用情報に傷がつき、就職先の見つからない灰原達之(高杉真宙)。偶然、貸金業者・帝國金融の求人を見つけ面接に行ったつもりが、突然社長の金畑金三(宇崎竜童)から、融資先に返済を迫る「追い込み」に行く社員の桑田澄男(加藤雅也)と現場に飛ばされる。厳しいやり取りに戸惑いながらも、リアルな金の世界を目の当たりにし、金融屋として生きていく決心をする灰原。欲望の渦巻く大阪の街を舞台に、アクの強い人々の間でもまれながら、灰原の奮闘が始まる―。

ストーリー

『ナニワ金融道〜灰原、帝国金融の門を叩く!〜』

1125日(金)公開

帝國金融に面接に来たつもりが、いきなり追い込みの現場に連れて行かれた灰原は、その厳しさに面食らいながらも、金融屋として懸命に働き始める。最初に任されたのは、建設会社を経営する高橋健一(河屋秀俊)からの300万の融資の依頼。娘の正子(早織)は区役所に勤務する公務員で、公務員なら退職金などで金を回収しやすいと判断した金畑は融資を決定。灰原と桑田は早速高橋の元へ向かい、言葉巧みに娘を連帯保証人にする。しかし、程なくして返済が滞ると、灰原たちは娘をターゲットに定める。正子を尾行し、高橋親子の隠れ先を特定した灰原と桑田。ついに灰原初の追い込みが始まる

122日(金)公開

不動産会社を経営する林田功作(波岡一喜)は、ある日帝國金融に2000万円の融資を依頼しに来る。林田は以前住んでいた土地を所有しており、林田の書類や人柄が信頼できそうであることから、灰原は融資しても大丈夫そうだと判断する。しかし実は、林田は土地の所有者になりすました地面師だった。自らの誤った判断で失態を悔い、灰原は、夜逃げした林田を必死で探すことになる。一方、公務員の清水好美(仁科貴)はスナックのママ·川田京子(柳ゆり菜)の誘いに乗って一夜を共にすると、店の改修費用500万を借りる必要があるから保証人になって欲しいと言われ、ママと共に帝國金融にやってくるが

『ナニワ金融道〜銭と泪と権利と女〜』
『ナニワ金融道〜大蛇市マネーウォーズ〜』

129日(金)公開

帝國金融のある街の市長·古井藤四郎(山西惇)は選挙戦の真っ只中。古井はライバルとの競り合いをなんとか勝ち切るべく、5000万円の融資を依頼してくる。当選すれば利権を使って簡単に返済できると言う古井だったが、当選が難しいと判断した桑田たちは、古井に便宜を図ってもらい昇進した市役所職員の猫田(坂口涼太郎)と甲守(中村元気)に目をつける。古井をそそのかし、二人に手形の裏書をさせ、不渡りになった際の返済義務を負わせることに成功する灰原と桑田。結局落選した古井は返済ができず、二人は猫田と甲守の元へと向かう。しかし、取り立ての最中に桑田が会社に呼び戻され、灰原は初めて1人で債務者と対決することとなり

令和アウトローレーベルとは

規制やコンプライアンスが日々厳しくなっているこの令和に、アウトローな世界を生きた昭和~平成にかけた名作の主人公たちから、今の時代を生きるヒントをもらおうと立ち上がったプロジェクト。本作はその第一弾作品となります。 今後も第二弾、三弾とアウトローな名作の続く本プロジェクトにご期待ください。

0